« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月20日 (日)

アラジンとジャスミン

 

今朝少し時間が空いたので家で楽器吹いてたら

妹にうるさい、って怒られました。ショボーン。

 

日本ってほんと練習する場所がねぇ。

そんな言い訳を用意して練習さぼりたおしているおれ。

 

あ~イギリスにぽーんと飛んでいきたいぜー。魔法の絨毯で。

 

 

でも明日京都にある金管バンドの練習に参加させてもらうんです♪

イギリスで生まれた金管バンドですが最近日本でも増えてきたみたいデスヨ。

 

日本の吹奏楽文化はほんとすばらしいけど

他の音楽ももっともっとさかんになれば楽しいな、と思います。

 

明日楽しみだ~!

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

大谷吹奏楽団

 

金賞げっと。

 

 

昔なつかしい吹奏楽コンクールにでたのです。この前の日曜。

 

高校の吹奏楽部のOBバンドでみんな仲良しなのでかなりはしゃぎました。

がんばったしね~

 

特に今回は高校のころの恩師が指揮者で

その人と一緒に金賞をとれたことがなによりの喜びです。

 

 

高校の吹奏楽部は当時かなりしょぼいバンドで

金賞なんて雲の上でした。

 

それでもあのころは楽しかった!!!

毎日信じられんくらい練習したし、あほかっちゅうくらい悩んだし。

 

あのころに比べたら今はなんて気楽な人生オクッテルンダー

まぁ今も楽しいしなんでもいいけど。

 

 

とりあえずいまだに金賞思い出しただけで顔がにやけます。

うっへっへ。やった~

留学おわったら一生この楽団で吹き続けます!!!

 

 

この楽団にいるといつも高校のころの自分がいて

高校のころの自分はいつも今の自分を見ています。

大谷大好き☆

 

あのころからどこがどんだけ成長してるんだろうな~

 

 

Dsc00025

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

きしめん

    

Dsc00012

 

食べた。なんも観光しなかったのでとりあえず食べといた。

メニューいろいろあったけどやっぱり初めてだし

ここはやっぱりオーソドックスきしめんで 

と思い注文したけど熱かったです。

冬に食べたらきっとうまいんだろう。

 

 

Dsc00010

 

なんせ小泉首相もご来店されました。

 

 

 

 

たぶん生まれて初めて名古屋に来ました。

今回の目的はレッスンを受けること。

ここ愛知には

アメリカ帰りのジャズユーフォニアム奏者さん

がいてはるのです!!!

 

 

今までクラシックしかしてこなかったので興味津々、

いきなり、レッスンしてください!ってメール送ったら

すぐに、いいですよ~って返事くれはりました。

 

 

レッスンめっちゃ楽しかった!!!

そして全然できんかった!むずかし~(>_<)

クラシックするより全然頭つかうかも。

いやきっとクラシックのときになんも考えんと吹きすぎなんだろう。

当たり前だけど同じ楽器でもほんとにいろんなことができるんだなぁ~と。

自分の世界を広げなきゃ!!!

 

いろいろとお話もできていろいろと考えさせられました。

めちゃめちゃいい人で、初対面にもかかわらず

いろんなことを聞かせてもらいました。

楽器の技術はもちろん、音楽をやるということ、特に日本で音楽をするということ、

ばっちり視野を広げてきました☆

いろんな国の音楽をもっともっと知りたいなぁ~。

アメリカもイギリスも、日本とはなにか根本的な違いがあると思います。

まだなんとなくしかわからんけど。

  

 

 

 

 

Dsc00018

 

Dsc00017  

 

レッスンまで少し時間があったので

なんとなくなつかしい雰囲気ただよう喫茶店へ。

 

Dsc00015

 

気軽にたのんだレアチーズケーキにやられた。めちゃうまい。

 

 

 

 

Dsc00020

 

レッスン後きしめんリベンジ。

今度は涼しくおいしくいただきました。

転んでもただでは起きたくない。

 

 

 

そんなこんなの小旅行。

その日のうちに鈍行列車で滋賀までだらだら帰りました。節約節約。

2日だけで東京名古屋行っちゃった。

刺激的なことにいっぱい出会えてなんとなく成長できた気がします。

密度の濃い2日間でございました。

みなさん本当にありがとうございます。

これからもがんばりま~す。

 

 

 

 

Dsc00019

 

シャチボン。

実はシュークリームという超画期的なスイーツ。

すでに売り切れでした(;_;)

次こそ必ず!またレッスン受けにきますっ!!!

 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年8月11日 (金)

上京物語

    

Dsc00002

  

台風とともに東京に降り立ちました。

あいかわらず不幸すぎて笑ってしまうぜ。

てか天気予報も見ずに行ったこのてきとうさ。

なんとなく台風は北にぬけていくんだと一人で勝手に思っていたよ。

ようやく帰宅したので一昨日からのプチ旅行の思い出話です☆

 

 

とりあえず雨にふられびしょぬれで英国大使館に行きました。

東京の隅っこで浸水した靴下しぼるおれ。

なんの用かというと英国滞在ビザ。

あと1年イギリスいるはずなのになぜか

ビザが今年いっぱい分しかないことに最近気づいたの。

 

もし気づかずそのままイギリスおったら強制退去ですよ。あぶね~。

とりあえずなんでそんなことなったんか聞かなあかんし

どっちにしろビザの延長の申請をしなあかんかったわけさ。

 

めっちゃ待たされて大変でした。イギリス大好きやけど大使館はキライ(-3-)

なんか結局、去年申請したときの大学からの紹介の手紙に

不備があったからとかなんとか。

再申請にもばっちりお金とられました。大学とけんかして払っていただこう。

ついでに東京までの交通費も☆あ~いやだいやだ。

 

 

夕方くらいにやっと全部の手続きが終わりさぁ観光!

お友達が東京で働いてはって、

たまたま休日やったらしくわざわざ来てくれはりました!

なんとイギリスで知り合った友達☆

 

すっげぇ楽しかった!!!!!

その友達、もう20代も後半の

とっても若々しくてめっちゃパワフルな素敵なお姉さんなのです☆

初めて会ったときからかなりあこがれの人で、

今回もたくさんパワーをもらいました。

 

やっぱりなんか東京に住んでる人っていろんなこと見てる。

人それぞれかもしれんけど。

日本の中の外国ですよ、東京。道まよいまくったしな。イギリスでよりも。

 

もっともっと味わいたい、自分と全然ちがう人生を送ってきた人と関わって

そっから自分の人生を広げるこの感じ。

友達大事だね~。がんばろうってほんとに思えました。

 

こんな大都会に住んで、いろんな人とすれちがって、

そんな経験も必要かも。住みたい東京。

 

 

 

そんな感じで夜行バスの疲れも忘れ、歩き回って東京満喫♪

 

こっから名古屋にまたまた夜行バスで向かいます。

つかれたので明日また書きます名古屋編。たぶん。

 

Dsc00003

 

Dsc00004

 

六本木ヒルズより。東京タワーより高い展望台。

なんとなく不思議でなぜかくやしい。

 

Dsc00008

 

太陽はどこでも平等。 

 

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

味噌カツういろう

  

漫画喫茶にいます。

てゆうか名古屋に来ました。

2日連続夜行バスでしんどいです。

 

さすがにちょっと横にならなヤバイ。

シャワーも浴びた。ここに住みたい。

おやすみなさい。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

ふと思いたったので

 

東京に行ってきます。今日の夜行バスで。

さっきチケットとりました。

バリてきとう。夏休み万歳☆

 

どっちにしろ東京の英国大使館にいかなあかん用事があったんで

いつかいかなあかんかったわけですが。

 

あさって名古屋にユーホのレッスンを受けにいくので

んじゃついでに東京も行こうよ、みたいな。

交通費もうくかな、なんて。

 

日本に帰ってきても貧乏旅行はかわらずオール夜行の予定です。

 

とりあえず今から用意します。

あ~てきとう。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

父ちゃんおれはいまもうれつに感動している

 

ワタクシけっこうおばあちゃん子でございます。

んでおばあちゃんけっこう近所に住んでるので

たまに遊びにゆきます。

 

 

で、こちら。

 

Dsc00207

 

目から火がでる少年の物語です。

ばあちゃんちで探しあてました。

 

ぼろぼろやけど全然読める~☆

昭和44年出版やって!すっげ。

 

とりあえず3冊ぱくってきました。

続きが気になってしかたないのでまたすぐ行きます。

まじおもろい。やべぇ。

 

 

 

あれ??おれまだひきこもり??

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »